腸内のミサイルの被害を少なくしてくれる乳酸菌

腸内のミサイルの被害を少なくしてくれる乳酸菌

私たちのお腹の中では、実はミサイルが飛び交っています。ここでのミサイルというのは、もちろん実弾ではありません。いわゆる悪い物質を攻撃するためのミサイルなのですが、乳酸菌はそのミサイルによる害を軽くしてくれる働きがあるのです。

 

お腹の中の悪玉ミサイルとそれを防ぐための方法

 

どういう事なのかと申しますと、そもそも私達のお腹の中にはたまに悪い物質が来るのですね。その1つとして、農薬などが挙げられます
私たちが日々食べている野菜類の中には、多くの農薬が潜んでいる可能性があります。目では見えないのですが、それが潜んでいる事はとても多いのですね。洗い残しなどには気をつけた方が良いでしょう。

 

そしてお腹の中に入ってきてしまった農薬は、いずれ腸内などに到達します。お腹の中は、それらの農薬に反応する事が非常に多いのですね。何かおかしなものが飛び込んできたので、あれを攻撃しなければならないという指令が、脳から発せられます。その指令に基づいて、お腹の中でミサイルが発射されるのですね。ちなみにそれは、お腹の中で生息している菌類が発射してくれます。

 

ところがそのミサイルには2種類あって、善玉菌と悪玉菌によるミサイルなのです。善玉菌によるミサイルは人体に対して無害なのですが、悪玉菌の場合はちょっと有害だそうです。それでお腹の中のおかしくなってしまう事があるようなのですね。ですので私たちは、有害な物質を摂らないように気をつけるべきなのですが。

 

ところがそれ以外にもその飛び道具による被害を防ぐ方法があり、その1つが乳酸菌なのですね。乳酸菌の効能の1つは、お腹の中の善玉と悪玉のバランス調整です。必要以上に悪玉が多ければ、ミサイルの悪影響も大きくなってしまいますが、乳酸菌は悪玉の減少効果が見込めるのです。それでお腹の中で発射される悪玉ミサイルの数が減りますので、必要以上にお腹の中にダメージが発生することも少なくなる訳です。

 

乳酸菌に関する情報サイトを見ると、その菌類には腸内環境の改善効果が見込める等と記載されています。実際それはその通りで、その理由の1つが上記のミサイルなのですね。悪玉ミサイルが発射される数が減少すれば、腸内環境も改善しやすくなる訳です。

 

そして悪玉ミサイルの影響は、案外と軽視できません。時には人間のお腹に対して、かなりネガティブな効果を発揮してしまう事があります。それを防止するためにも、日々乳酸菌を摂取するよう心がけた方が良いでしょう。乳酸菌は、ある意味人間に対するミサイル防衛の菌類とも言えるのですね。
ご協力サイト様・http://xn--vek000goemlmikxlenz8gv.com/